年金受給者はカードローンを使ってもメリットは薄い?

即日融資可能な365日24時間借りれるのはどこ?|カードローン東北物語

年金受給者はカードローンを使ってもメリットは薄い?

年金受給者はカードローンを使ってもメリットは薄い?

年金受給者でもカードローンは利用できますが、消費者金融が定めている年齢制限が70歳以下、65歳以下、60歳以下など年金受給可能になる前または可能になってから数年しか利用できません。さらに、年金を定期的な収入と見なしてくれる消費者金融も限られているため、利用可能なカードローンの選択肢はかなり狭められます。年齢と年金を収入とみなしてくれるかという点からも年金受給者がカードローンを利用するのは難しく、メリットもあまりないといえます。
では年金受給者がお金を借りたい場合はどうすれば良いのでしょうか?

高齢者を対象としているローン商品や公的機関を活用する

年金を安定収入とみなしてもらえなかったり、年齢的な制限が足りなかったりしてカードローンの利用が難しい場合は、シニア向けローンやリバースモーゲージといった商品を利用することができます。

シニア向けローン

一部銀行では、60歳以上の方を対象としたシニア向けローンを提供していることがあります。借入可能限度額はあまり高くはありませんが、いざという時には心強いかもしれません。ただ、カードローンではなくフリーキャッシングになっていることがほとんどなので、最初に全額を借り入れて後は返済していくという形になります。また、利用可能な年齢の上限は「完済時の年齢が75歳まで」となっていることが多く、長期間の利用はできないというデメリットもあります。
年齢的にも体調を崩しやすくそれゆえに返済が難しくなる可能性もでてくるかもしれませんが、そういった可能性をも考えて健康保険の加入を義務付けるなどの対策をしているので、安心して利用できる商品も増えています。

リバースモーゲージ

最近利用者が増えているのがリバースモーゲージです。本人の不動産(自宅や土地)を担保にしてお金を借り、一括で受け取るか毎月支給される年金と一緒にして受け取ることができます。住宅は売却する必要ななく、利用中も担保にした自宅に住み続けることが可能です。基本的に返済は利用者が亡くなった後に、不動産を売ったお金で返済されます。つまり、利用者が生存している間は返済する必要はありません。(金融機関によっては、利息分だけの返済が求められる場合があります。)
しかし、最終的に資産を売却してしまうことになるので相続者と相談の上で決定しなければならなかったり、担保にできる住宅に制限があったり、資産価値が落ちた場合は強制的に契約が終了してしまったりするというリスクもあります。

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度を利用して、国や自治体からお金を借りることもできます。満たさなければならない条件はいくつかありますが、低取得者や障害者、65歳以上の高齢者がいる世帯などが利用可能です。基本的には保証人が必要となりますが、保証人になってくれる人がいない方は年率1.5%の利子はつくものの保証人なしで借りることができます。
ただし、あくまでも救済制度なので消費者金融のようにお金が必要になったからすぐに申し込んで借りられるというものではありません。また、他の貸付制度を利用している場合は、かなりハードルが上がります。

年金受給者でもお金を借りられるところはいくつかあります。大手のカードローンだけでなく、公的機関の福祉制度なども検討してみると良いでしょう。
 

他のカードローンお役立ち情報の記事

ページのトップへ