カードローン返済ができないときの対処法とは?

即日融資可能な365日24時間借りれるのはどこ?|カードローン東北物語

カードローン返済ができないときの対処法とは?

返済ができないときの対処法

口座振替や返済日お知らせメールサービスなどで、返済の支払いを忘れてしまうリスクを減らせるようになりました。それでも、全ての方がサービスを活用できるわけではなく、状況の変化によりカードローンの返済ができなくなることは十分にあります。
返済を忘れたり、できなくなったりしたとき、どのように対処すればよいのでしょうか?

延滞することで発生する問題

返済を忘れてしまっても、すぐに個人信用情報に事故情報として記録されるわけではありません。初めてのミスである場合は、すぐに対応すれば大きな問題として扱われることはありません。しかし、借りてすぐの状態で返済を延滞してしまうと返済する意志がないと思われてしまう可能性が高く、厳しい目で見られてしまいます。

本格的に問題になってくるのが、何度も延滞を繰り返すことや催促されても無視し続けてしまうことです。このような状況が3カ月ほど続くと個人信用情報に事故情報として登録され、利用の制限や停止、一括返済、契約解除にも繋がります。
また、影響受けるのは現在借りている金融会社との関係だけではありません。個人信用情報に傷がつくと、キャッシング、カードローン、目的型ローン、クレジットカードなどの新規契約はほぼ不可能になり、さらには分割払いが必要な商品の購入も難しくなります。携帯電話やスマートフォンなど本体料金を使用量と一緒に分割払いするような物などが自由に購入できなくなったり、購入できたとしても一括払いを求められたりするのです。

返済を延滞すると借金だけでなく、日常に必要な物まで簡単に手に入らなくなる恐れがあります。返済が間に合わない、できないと感じたらすぐに必要な行動を取ることです。

返済日前に連絡をする

返済日までにお金が工面できないことは、返済日当日が来る前に分かることが多いはずです。そういった場合は躊躇せずすぐに電話などで連絡をして、当日に返済ができないこと、そしていつまでに返済が可能かをはっきり伝えることです。事前に連絡しておけば金融業者からの印象はそこまで悪くならず、返済していく意思があることは伝わります。

もし事前に連絡できなかった場合、延滞したその日の朝一に連絡することです。延滞の連絡が来る前に自分から連絡をして、心証が悪くなるのをできるだけ防ぎましょう。

返済日を変更する

返済方法によっては返済日の変更を行なうことができます。ほとんどの方は給料日後に返済意を設定しているかもしれませんが、転職や会社の都合などで給料日が変わってしまうなどさまざまな事情で都合が付かなくなることがあります。そういった場合は、返済日を変更して支払いがしやすくなるようにしてみるのも良いでしょう。

返済日の変更は会員ページやフリーダイヤルから連絡することで行なえます。また、連続して変更することはできない場合がありますが、基本的に変更したことで何かしらのペナルティが付くことはありません。
設定した返済日がしっくり来なかったり、状況が変わったりすることがあるのは金融業者も理解しているので、変更が必要だと感じたらすぐに行動しましょう。

最少返済金額も用意できない場合

何らかの事情で必要な金額が数日中に用意できないということもあるかもしれません。そういった場合でもすぐに連絡し、支払い方に関して相談しましょう。
一時的なのであれば、経済的に立て直せるまで利息の支払いだけにしてもらうこともできるかもしれません。しかし、通常の支払いではないので、今後は少し厳しい見方をされてしまう可能性がでてきます。また、何度も同じことを繰り返していると、事故情報がとして記録されてしまうかもしれないので、おまとめローンや債務整理などもう少し踏み込んだ対策が必要になるかもしれません。

 

他の返済のことの記事

ページのトップへ