「金利0」や「無利息」のカードローンは信用できるのか?

即日融資可能な365日24時間借りれるのはどこ?|カードローン東北物語

「金利0」や「無利息」のカードローンは信用できるのか?

「金利0」や「無利息」のカードローンは信用できる?

キャッシングやカードローンの中には金利0や無利息といったサービスを提供していることがあります。大手でも「30日間無利息」や「30日間金利0」といった宣伝を目にするので、無利息という言葉に警戒感を抱きにくいことがあります。
正規の消費者金融で提供されているものであれば上手に活用することで返済の負担を押さえることができます。しかし、闇金や悪徳業者に申し込んでしまうと負担が減るどころかお金を奪われる可能性が大きくなります。問題を抱えないために、どういったことに気をつければいいのか知っておきましょう。

正規の消費者金融が提供する無利息サービスとは

正規の消費者金融が提供している無利息サービスは、必ずといっていいほど適用期間と利用条件が設けられています。大手消費者金融の例を見てみましょう。

プロミスの「30日間無利息」
適用期間:初回借入翌日から30日間
利用条件:1.始めてプロミスを利用する
2.Eメールアドレス登録とWeb明細利用登録を行なう

アコムの「30日間金利0円」
適用期間:契約した翌日から30日間
利用条件:1.初めてアコムを利用する
2.返済期日を「35日ごと」に設定している

レイクの「30日間利息0円」
適用期間:契約した翌日から30日間
利用条件:初めてレイクを利用する

このように、始めて利用する方がそれぞれの条件を満たすことで一定期間無利息サービスを受けることができるものばかりです。適用期間を過ぎる、つまり31日目になると契約時に設定された金利が適用されます。消費者金融によっては返済日ギリギリまで待つと多少の金利が発生するので、適用期間内の返済を心掛けましょう。
また、無利息期間サービスは大手だけが提供しているサービスではありません。中小消費者金融で無利息期間サービスを提供しているところもわずかながらあり、その場合も必ず適用期間や利用条件を提示しています。

こんな場合は要注意

条件なしにただ無利息や無利子と宣伝していたり、無利息になる条件が記載されていても大元の金利があまりにも低かったり、金利20%以上であったり、トイチやトゴといった言葉が使われていたりする場合、闇金や悪徳業者であると考えたほうが良いでしょう。金利は消費者金融の収入源となるものなので、それがずっとないということは正規の消費者金融ならまずありえないからです。金利がないということはそれに変わる形で収入があると言うことになりますが、その場合は利用者が一方的に不利益を被ることがほとんどです。

また、無利息や無利子といった言葉の他に、審査なし、誰でも借りられる、ブラックOKなどといった文言が一緒に書かれている場合は完全にアウトです。申し込んだところでまともな対応は期待できず、搾取されるだけなので候補として考えるのも論外です。

負担を減らそうとするのは間違いではありませんが、そればかりになって判断を誤ってしまうと大変な目に合います。大手で借りる場合はきちんと返済ができるようであれば問題ではありませんが、中小消費者金融から探す場合は闇金や悪徳業者が混ざりこんでいることがあるので慎重に調べる必要があるでしょう。

 

他の金利のことの記事

ページのトップへ