カードローン申し込みブラックになってしまう行為とその影響とは

即日融資可能な365日24時間借りれるのはどこ?|カードローン東北物語

カードローン申し込みブラックになってしまう行為とその影響とは

ブラックになってしまう行為とその影響

返済の延滞や多重債務、債務整理を行なうなどしてキャッシングやローンが利用できなくなる「ブラック状態」。
ブラック状態になってしまうと、契約の強制解除や新規でお金を借りることはほぼ不可能となってしまいます。特に銀行や大手消費者金融ではブラックになっている時点で審査に落とされてしまいます。

しかし、ブラック状態は一生続くものではありません。大手では不可能でも一部の中小消費者金融は、ブラックになった経緯次第ではお金を貸してくれる可能性があります。ただ、慎重に調べないと闇金を利用してしまったり悪徳業者に騙されてしまったりするなどのリスクも高くなります。

一番よいのはブラックにならないようにカードローンを利用することです。
ここではブラックになる行為とそれを回避する方法。そして、ブラックになってしまったもののお金が必要になったときに、本当にお金が借りられるのかを解説していきます。

ブラックになってしまう行為

ブラック情報が記録される行為は大まかに分けて以下の5つに分けられます。

・返済/支払いを3カ月以上滞納する
・連続していなくても返済日/支払日を忘れる回数がやたらと多い
・債務整理を行なった
・保証会社による代位弁済が行われた
・複数社を同時にまたは連続して申し込んだ

返済または支払いの滞納

ブラックになってしまう一番の理由が返済や支払いの滞納です。
返済を連続して3カ月、連続していないくても支払いを忘れる回数が多いとCICなどの個人信用情報機関や消費者金融のデータベースに記録されます。そうなると契約先のカードローンから借り入れができなくなり(返済のみ可能)、他社のローン商品やクレジットカードなどの新規申込も不可能となります。

カードローンといった金融商品だけでなく、商品を分割払いで購入している場合にも適用されます。分割払いで商品を購入すると商品の代金は信販会社が肩代わりすることになるため、購入者は代金を販売会社に支払うのではなく信販会社に返済している状態になります。つまりクレジットカードで買い物をしたのと同じ状況になるわけです。そのため支払いが遅れた場合の扱いはクレジットカードの返済を滞納した場合と同じになるので、カードローンやクレジットカードを利用していないのにブラックになっていたということが起こります。
さらにこのケースの恐ろしいところは未成年者もブラック入りする可能性があるということです。特に多いのがスマホ端末の分割払いの滞納です。スマホを契約すると利用料と端末代がセット、というよりもほとんど端末代が請求されているのですが、利用料金を支払っているという感覚が強く安易に滞納してしまう方が少なくありません。親が子供のスマホの支払いを忘れてしまうと、契約している子供の名前にブラック情報が登録されてしまい、将来ローンを組もうとしてもできないということが起こってしまうのです。

返済や支払いの滞納でブラックになっている間は最も重要視される返済能力に問題があると見なされるため、大手に限らず中小消費者金融でも新規契約はほぼ不可能です。

返済や支払いを忘れずに行なっていくことが非常に重要です。カードローンであれば返済日を通知してくれるサービスなどを活用することができますし、インターネットバンキングでの支払いや銀行口座から自動引落としで返済や支払いができるように設定しておけば滞納という問題はほぼ回避できます。

返済や支払いの滞納は返済能力の欠如を現し、契約の続行や新規契約すら難しくしてしまいます。
契約商品によっては子供にも影響を及ぼしてしまうので、返済や支払いは忘れずにしっかり行ないましょう。
債務整理を行なう

債務整理は、借金の減額や完済までの時間に余裕を持たせて返済の負担を軽くする、あるいはある程度のペナルティを設けて借金を完全になくすための手続きです。よくテレビでも耳にする過払い金返還請求をはじめ、任意整理、個人再生、自己破産などの手続きがあります。ブラック情報が登録される期間は、行なった手続きや登録される情報機関により違いがありますが、大体は5年か10年となっています。

過払い金返還請求だけはどの個人信用情報機関でもブラック情報として登録されません。以前は過払い金返還請求もブラックとして扱われていたのですが、2010年に見直され現在では対象外となっています。対象外とされた理由は、『払いすぎたものを返還してもらうこと』が主目的であり、ブラックに登録される理由である『返済能力に問題がある』わけではないからです。ただし、一部のケースで例外があります。
過払い金返還請求に関しては、積極的に利用したほうが良いかもしれません。ただ、何度も手続きを依頼すると手数料や成功報酬でお金が掛かり、個人信用情報には登録されないものの請求先の金融会社のデータベースには記録され、今後の利用が難しくなる可能性はあります。

債務整理でブラックになっても、中小消費者金融でなら借入が可能なケースがあるようです。しかし、自己破産を行なっていると官報という機関紙に氏名や住所などといった個人情報が記載され、借入ができるような状態ではないことが明確にされるので、どの金融会社でも借入は不可能です。

債務整理の手続きによってはお金を貸してくれる中小消費者金融はありますが、自己破産をしている場合はどんな金融業者であっても借入には絶対に応じてくれません。
こちらもあわせてご覧ください: 債務整理を利用して借金を減らす
代位弁済が行なわれた場合

代位弁済とは、第三者がお金を払えなくなった人の代わりに借金を全額返済することです。多くの場合保証会社によって行なわれるので、保証人や保証会社を必要としない金融商品には適用されません。これが行なわれると金融会社への債務がなくなりますが、保証会社への債務が発生します。返済は一括払いで求められ、支払えない場合は財産を差し押さえられてしまいます。

代位弁済は、3カ月以上返済を延滞すると行なわれ、その時点で完全に信用を失いブラック情報として個人信用情報機関に登録されます。返済能力がないと判断されるため、新規契約などはまず行なえません。

返済や支払いの延滞がないように、しっかり返済を管理していくことが重要です。

消費者金融のカードローンなどではあまり行なわれることはありませんが、保証会社からの保証が必要な銀行カードローンやその他のローン商品を利用している場合は、3カ月延滞した時点で一括返済を求められる可能性があります。ブラック状態になる以外にも財産を差し押さえられることもありうるので、延滞しないようにしましょう。
複数社を同時にまたは連続して申し込んだ

短期間に複数の金融会社に申し込むあるいは連続して申し込んで審査に落ちると、申し込みブラックという状態になります。ブラックの間は申し込んでも審査に通ることはありませんが、登録される期間は3カ月~6カほどと短いので、他の理由でブラックになったときほど大変ではありません。

申し込みブラックを回避するには、連続して申し込まないことです。申し込むとその情報は個人信用情報機関にしばらく記録されます。それだけではブラックにはならないのですが、何度も落ちて申し込んだ回数が多いと何かしらの問題を抱えていると思われて警戒され、しばらく審査に通らなくなります。

複数社に申し込まないで、しっかり準備してからひとつの消費者金融に申し込むようにしましょう。もし落ちてしまってもすぐに他の会社に申し込まないで審査に落ちた原因を特定し、再度準備してから申し込むと良いでしょう。

ブラックでも借りられる可能性はどれくらい?

ブラック情報を登録された状態で申し込んで借りられる可能性はかなり低いと考えたほうが良いでしょう。特に大手では絶対に借りられません。中小消費者金融の場合は大手より借りられる可能性はあるものの、返済実績が重要になってきます。そのため返済の延滞が常習化していたり、自己破産をしていたりするとまず借りられません。

ブラックになった人が中小消費者金融でお金を借りられる可能性は、返済能力があることが大きなポイントになります。ブラックになってしまった後、きちんとした返済実績があれば借りられる可能性がでてくるかもしれません。
 

他のカードローンお役立ち情報の記事

ページのトップへ