即日融資可能な365日24時間借りれるのはどこ?|カードローン東北物語

即日融資可能にするためにはまずポイントを押さえよう!

今すぐにお金を借りたいと急いでいませんか?
ほとんどの大手消費者金融は、24時間365日申し込みを受け付けているのでとても便利に利用できますが、即日融資を受けるためには、さまざまな条件や注意点があります。その条件を知らない、間違った知識で申し込みをしても審査には通りません。正しい知識ときちんとした準備をしておき、審査に落ちてしまうような行為を避ける必要があります。

当サイトでは、即日融資を成功させるための大事なポイントと、あなたの状況に合ったカードローンをご紹介させていただいております。

銀行カードローン、即日融資を停止

2018年1月から、銀行カードローンは即日融資の提供を停止することが決まりました。新規申込は、警察庁のデータベースも確認して審査を行なうことになるため数日かかるようになります。
また、家族の申し出があれば新規貸し付けを制限することができる「貸付自粛制度」の導入も検討されているようです。

こちらもあわせてご覧ください: 銀行カードローン、即日融資を停止! 貸付の自粛も検討!

即日融資も可能なカードローンランキング
プロミス
プロミス

即日融資にも対応している大手消費者金融。
郵送物が一切届かない「WEB完結」がとっても便利。
自動契約機を使えば土・日・祝日でも借入可能。
30日間の無利息期間(※1)が利用できる。
特定の銀行口座(※2)を持っていれば時間外でも振り込んでもらえる「瞬フリ」が利用できる。

(※1)Eメールアドレスの登録とWeb明細の利用登録を行う必要があります。
(※2)三井住友銀行かジャパンネット銀行口座利用者が対象。

金利 限度額 即日融資
4.5%~17.8% 1万円~500万円まで 最短1時間融資
詳細ページへ 公式ページへ
アコム

業界最大手だから安心して利用できる。
自動契約による即日カード発行や土・日・祝日の借入にも対応。
初めての利用なら30日間無利息期間で負担を軽減。
特定の口座(※)があれば24時間最短1分で振込が完了。
「Pay-easy(ペイジー)」によるインターネット返済が可能。

(※)楽天銀行口座利用者が対象。

金利 限度額 即日融資
3.0%~18.0% 1万円~800万円 最短1時間融資
詳細ページへ 公式ページへ
SMBCモビット
SMBCモビット

顧客満足度NO.1の消費者金融。
条件(※1)を見たせば、「WEB完結」で郵送物も電話連絡もなしで審査可能。
最短3分で口座に振り込んでもらえる「振込キャッシング(※2)」が便利。

(※1)
1.三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座がある
2.社会保険証、または組合保険証を持っている
(※2)申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

金利 限度額 即日融資
3.0%~18.0% 1万円~800万円まで 最短即日融資
詳細ページへ 公式ページへ

即日融資を受ける前に知っておくべきこと

即日融資を受けたいと考えている方は、申込者の余裕のなさや審査から融資までの時間が短さのため、慎重に考えている時間はあまりとれないかもしれません。しかし、申し込むのであれば、最低限必要なポイントや絶対に見過ごしてはいけないポイントをできるだけ知っておくべきです。
ここでは申し込む前の大事なポイントを簡単にまとめています。

「即日」や「最短」という言葉だけで判断しない

最近は、「即日融資」という言葉だけでなく「即日審査」という言葉もよく見られます。つまり、当日中にお金を貸すことも可能だという宣伝と、当日中に審査結果を伝えることも可能だという宣伝をしており、早とちりして申し込んでしまうと結果だけ当日に届いて、融資は明日ということにもなりかねないのです。
また、金融会社によっては「最短30分審査も可能」、「最短1時間融資も可能」と両方記載しているところもあります。急いでいるときにここでつまづいてしまうと大変な思いをすることになります。よく確認しましょう。

できるだけ審査が早く終わる申込方法を選ぶ

インターネット申込や自動契約機など、審査スピードが早い申込方法を必ず選ぶ必要があります。郵送申込などを選んでしまうと書類の郵送や受け取りなどで数日かかってしまうことは、容易に想像できるでしょう。情報のやり取りがスムーズに行なわなければ当日中に審査を終えることは難しくなります。無駄な時間のかからない申込方法を選びましょう。

審査完了時間は必ず守る

即日融資を受けるには規定の時間までに必ず審査を完了させなければなりません。
審査を終わらせる時間は契約方法で変わってきますが、大きく分けると以下の2つのパターンになっています。

インターネット契約:平日の14:00まで
自動契約機・テレビ窓口などでの契約:店舗の営業時間内まで

これらの時間内に審査を終えられるように、時間を計算して申し込む必要があります。時間内に終えられなければ融資は翌日になってしまいます。

設定されている審査完了時間や店舗営業時間は金融会社や地域によって異なるので、必ず各公式ホームページをご確認ください。

必要書類は事前にそろえておく

本人確認書類や収入証明書などはコピーや写メなどで送ることが一般的です。
その際、必要な情報が全て確認できるように写さなくてはなりません。両面のコピーが必要なのに片面しかなかったり、文字がにじんでいたり、光の反射で見にくかったり、全体的にぶれていたりして情報が確認できないと、スキャンあるいは撮りなおしてもう一度送るよう求められます。そういった事がないように事前にコピーや写り具合を確認し、問題がないように準備しておきましょう。
マイナンバーカードに関しては、個人番号が見えないように加工する必要があります。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 保険証
  • パスポート
  • 住基カード

上記のものが本人確認書類として提出できます。
金融会社によっては一部の書類には対応していなかったり、提出する際の注意が異なっている場合があるので、詳細は各ホームページにてご確認ください。

外国人居住者の場合は上記に加え、下記書類のいずれかが必要になります。

  • 在留カード
  • 外国人登録証明書
  • 特別永住者証明書
収入証明書

基本的には本人確認書類だけで十分ですが、借り入れする金額によっては収入証明書類の提出が必要な場合があります。そろえようと思ってもすぐにそろえられる物ばかりではなく、持ち歩くことのない書類でもないので、店舗に行く場合は事前の準備が欠かせません。
提出が求められる金額は、50万円以上の借り入れ、あるいは複数社から借り入れる場合は他社との合計100万円以上となっています。

  • 給与証明書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書

給与証明書は、会社名、氏名、総支給額、発行年月の記載がある直近2カ月あるいは3カ月分の書類が必要になります。

条件をすべて満たしているかをチェック

年齢や安定した収入があること以外にも、満たしておかなければならない必須条件があります。

  • 勤続年数と居住年数が6カ月以上
  • 借入件数が多くないこと
  • 借入金額が総量規制を超えていないこと
  • 信用情報に傷がないこと

これらは審査に大きく影響し、このうちどれかを満たしていないだけですぐ審査に落されてしまいます。勤続年数と居住年数が足りない場合は、必要な期間が満ちるまで待たなくてはなりません。そのため、転職や引っ越しの予定がある方は、申し込むタイミングに注意する必要があるでしょう。

借入件数は3件以内に留めておくことが推奨されています。借入金額がそこそこあっても審査に通れたというケースもありますが、基本的に消費者金融は総量規制により年収の3分の1までしか融資してもらえないので、合計借入金額が総量規制を超過した場合は融資はしてもらえません。

信用情報は、返済の延滞、債務整理、短期間に複数社申し込む、禁止されている使い方をすることで傷がついてしまいます。傷がついた理由により数カ月または5年から10年ほど、いかなる金融機関でも融資が受けられなくなります。

スムーズに即日融資してもらうためのポイント

できる限りスムーズに審査をしてもらうためには、ミスやトラブルに繋がるような行動を避けることにあります。ミスやトラブルがあると審査が長引いたり、否決されたりして思うように融資してもらうことができません。

無駄な時間が発生しないよう、申し込むときに気をつけるポイントをご紹介します。

情報は全て正確かつ正直に申告する

キャッシングやカードローンの申し込みでは、ちょっとした入力ミスでも評価を下げてしまう原因となるため、送信前には間違いがないようによく確認するべきです。もし、間違いがあったまま送信してしまったら、すぐに連絡をして情報を訂正してください。

既に借り入れがある方は、現在の借入情報を全て正直に申告する必要があります。各人の借入情報は、個人信用情報機関に登録されている情報を確認すればすぐに分かります。借入状況を良く見せようとしてごまかしたり、ウソを書いたりしてもすぐにバレてしまいます。そうなってしまうと、金融会社からの心象は悪くなり、否決されてしまう可能性が大きくなります。

申し込み時の情報の正確さや正直さは、「相手がどれだけ信用できるか」という面で大きく影響します。落ち着いて、一つひとつの項目をしっかり確認しながら記入しましょう。

金融トラブルを起こしていない

金融トラブルと聞くと、返済の延滞や債務整理といったことを連想されるかもしれません。既に借り入れがある人だけの話だと思われるかもしれませんが、残念ながらそうでない方も含まれます。

個人信用情報機関に記録される情報は、キャッシングやカードローン、クレジットカードの借入履歴だけではありません。実は、分割払いで商品を購入した場合の支払い履歴 なども記録されているのです。分割払いで買った商品は、その店が提携している信販会社から全額を支払ってもらい、その商品に金利または手数料を上乗せしたお金を購入者が信販会社へ支払う仕組みになっています。つまり、信販会社からお金を借りて商品を購入したという形になっているため、個人信用情報機関に支払いの履歴が記録されているわけです。支払いをしなければ当然それは記録され、信用情報に傷がある状態になってしまいます。

小さな傷でも審査にはマイナスに影響します。支払いや返済はしっかり行ないましょう。

借入履歴は全て把握しておく

どの会社からいくら借りているのかを事前に把握しておくことで、申し込みフォームに情報を入力するときに余計な時間をかけなくて済みます。入力するときに必要な情報は契約書に記載されているもので十分です。

入力ミスを減らすこと以外でもメリットがあり、借入総額を計算しておけばあといくら借りられるか、総量規制を超えないか、もし超えているなら銀行カードローンを検討してみるなど、借り入れに関する計画を立てやすくなります。

個人信用情報機関で情報の開示を求めれば、契約時の情報以外にも、借入履歴、返済履歴、トラブルを起こしていないかなどが確認できます。手数料は1000円かかりますが、インターネット上でも開示してもらうことができるので、申し込む前に確認すると良いでしょう。

複数社に申し込まない

短期間に何度も申し込む、一度に複数社に申し込むといった行為は自分の状況を不利にするだけなのでやめましょう。申し込みをしただけでもその情報は、個人信用情報期間に登録されます。今までどんなところに申し込んだのか、現在申し込み中であるのか、否決されたことなどがはっきり分かってしまいます。

何度も否決されていれば「問題のある人」と思われて印象が悪くなり、否決される可能性が高まります。複数同時に申し込むのも「必死すぎる=問題を抱えている」と判断されやすく、全ての審査に落ちてしまうこともあります。また、申込件数が一定数を超えると事故情報として記録され数カ月の間は審査してもらうことができなくなります。

利用希望額は少なめに設定する

利用希望額は50万円以下で設定しておくと、比較的スムーズに審査を終えられる可能性が上がります。
特に、消費者金融では初回での高額融資はほとんど受けられません。希望額が高いと引き下げられる可能性があり、場合によっては書類の追加提出や確認などで時間を取られる可能性もあるでしょう。

銀行の場合は、審査結果次第では高額融資にも対応可能ですが、少額で申し込んだほうが印象は良くなるようです。

清潔感のある身だしなみで印象を良くする

店舗や窓口、自動契約機で申し込みあるいはカードを発行してもらいたい方は、身だしなみに気を配る必要があります。というのも、店舗などに行くとオペレーターがカメラ越しに利用者のことを見ているからです。誰もいないしやり取りも声だけだろうと思ってだらしのない格好をしていった結果、お金にルーズなのではないかと判断され、審査に落ちるということも起こるのです。

人前に出ても恥ずかしくない、清潔感のある身だしなみを心掛けましょう。

カードローンを選ぶときに見ておきたい5つのポイント

即日融資に対応している、というだけでカードローンを選ぶのは少々早計です。消費者金融ごとに特徴があり、自分には合わない特徴のものを選んでしまうと効果的に利用できなくなる可能性があります。
カードローン選びで失敗しないために、5つのポイントを確認しましょう。

1.安全性を確認しよう

ここで言う安全性とは、正規の金融機関であるかということです。
一番安全性が高いのは、大手消費者金融や銀行です。特に大手消費者金融はただ安全なだけでなく、長年個人への融資をしているという実績があります。また、店舗に行かずに申し込めることや利用できる場所が多いので利便性が高く、ノウハウやカスタマーケアなどもしっかりしているので、何かあっても安心できます。

逆に警戒しなくてはならないのが、条件が良すぎるところです。融資や審査条件がないに等しい、金利が驚くほど低い、問題を抱えていても大丈夫など、大手では見ないほどの好条件で宣伝する業者はほぼ間違いなく申し込んではいけない危険な業者です。
そういった業者は、チラシやポスター、またウェブサイトなどで宣伝をしています。どんな事情があれ、絶対に申し込まないでください。

2.金利を確認しよう

低金利なところに申し込めば利息負担を軽減させることができ、返済金額を減らすことができます。
低金利といっても、確認するのは最高金利のほうです。初回の借り入れでは多くの場合融資される金額も少なく、最高金利が適用されることが多くあります。他社で借りたお金をまとめる、増額していきながら長期で利用する予定でもない限り、最低金利はあまり気にする必要はありません。

しかし、高金利でも最長1カ月で特定のサービスを利用する場合は、金利の心配をする必要がなくなります。

3.サービスを確認しよう

サービスの確認も、カードローンを選ぶ上では欠かせないものとなります。
例えば、30日間無利息期間サービスを提供しているところを選べば、その間は利息のことを考えずに済みます。電話連絡を受けたくないという方は、電話以外の方法で在籍確認をしてくれるサービスを提供してくれるか確認する、あるいは最初からそういうサービスを提供しているところを探すとよいでしょう。

その他にも、女性向けローンなどがあれば男性オペレーターでは不安という方も気軽に申し込めますし、消費者金融によってはキャッシングカードらしくないおしゃれなカードを発効してくれます。

4.使いやすさを確認しよう

近くに店舗がある、利用可能なATMが多く借り入れや返済がしやすいなどといった使いやすさも大事な要素です。
大手の消費者金融は全国展開していますが、利用したい消費者金融の店舗が近くに必ずあるとは限りません。いざ契約に行こうという段階になって近隣店舗を検索したら、片道1時間のところにあったなどということも稀に起こります。

カードを利用するなら、ATM利用手数料が無料なところを選ぶと余分な出費が抑えられます。しかし、提携ATMの場合だと手数料無料となるところはほとんどありません。ただ、一部の消費者金融ではポイントサービスやキャンペーンなどで利用手数料が無料になることがあります。

5.返済しやすいか確認しよう

返済は必ず行なわなくてはならないものですが、返済の仕方はたくさんあるため、自分にあっているものを選ぶ必要があります。
方法そのものはどの消費者金融でもほぼ共通していますが、利用している銀行口座によって有利なサービスを受けられたり、受けられなかったりします。利用している銀行口座がそのサービスに対応しているか確認して、返済しやすくすることが可能です。

返済方式によっては、借入残高に応じて返済金額が変動したり、返済期間が延びたりするので、管理のしやすさも考えておかなくてはなりません。アプリが充実している、お知らせメールで返済日を教えてくれるなど、返済に関わる細かなサービスも調べておきましょう。

Q&A

即日融資でも各種サービスは利用できますか?
できます。
当日中にお金を借りる以外は通常の借り入れとなんら変わらないので問題なく利用できます。ただし、サービスの利用に条件が設けられている場合はそれらの条件を満たす必要があります。例えば、プロミスでは無利息期間サービスを利用するために、Eメールアドレスの登録とWeb明細の利用登録を行なわなくてはなりません。
各消費者金融で条件の有無や内容が違うので、それぞれの公式ホームページを確認してください。
カードローン以外、例えば住宅ローンなども即日融資してもらえますか?
できません。
住宅ローンや自動車ローンなどは、家や土地、自動車などの資産の査定や融資金額が大きくなることなどから、慎重に審査する必要があるため時間が掛かります。
2018年1月から銀行カードローンも即日融資ができなくなります。

消費者金融から即日融資を促すような広告やダイレクトメールは届きますか?
届きません。
基本的に消費者金融のほうから、利用者でない方への積極的な働きかけは行なわれません。メールや郵送物などで宣伝してくる場合や、正規の消費者金融が絶対に使わないような文言(審査なし、金利なし、誰でも借りられるなど)を記載している、連絡先が携帯電話の番号しか載っていない広告などは高確率で闇金や悪徳業者と見て間違いないでしょう。
在籍確認は必ず行なわれますか?
はい、行なわれます。
在籍確認は、申込者が連絡先、特に勤務先の情報を正確に伝えているかを確認するために行なわれます。
電話で確認されることが一般的ですが、休日などで電話しても誰も出ない場合や電話連絡して欲しくない事情などを伝えることで、電話以外の方法で確認してもらえることもあります。

こちらもあわせてご覧ください: 在籍確認なしのカードローンはあるの?

在籍確認でカードローンの利用がバレてしまうことはありますか?
ありません。
消費者金融の担当者は、会社名を名乗らず個人名で電話をかけてきます。そのため、在籍確認でカードローンの利用がバレてしまうことはありません。
審査を受けずにあるいはあまり審査が厳しくない消費者金融を利用したいのですが、そんなところはありますか?
ありません。
どんな金融業者であっても、融資するためには必ず審査を行ないます。また、審査の流れもほぼ変わりません。もし「審査なし」や「無審査」、「誰でも借りられる」などと宣伝している業者があったらそれは確実に闇金や悪徳業者です。絶対に申し込まないでください。

こちらもあわせてご覧ください: 信じてはいけない審査に関する嘘

できれば無利息で借りたいのですが、そんなところはありますか?
あります。
始めて利用する方に限定されますが、30日間利息が発生しないサービスを提供しているキャッシングやカードローンはあります。それぞれの消費者金融で利用可能となる条件があるので、必ず確認してください。ただ、闇金なども無利子や無利息といった宣伝をしていることがあるので、それらに引っかからないように注意してください。

ブラック情報持ちなのですが、お金が必要になりました。貸してもらえるところはあるでしょうか?
ないことはありませんが、非常に限られます。
大手消費者金融では絶対に借りられませんが、中小消費者金融にはブラックでも貸してくれるところがわずかながらあります。しかし、誰にでもというわけではなく、かなり厳しい条件をクリアしていなければなりません。
また、闇金や悪徳業者などにも十分警戒して慎重に探さないとさらに状況が悪化してしまうこともあります。

こちらもあわせてご覧ください: ブラックになってしまう行為とその影響

まとめ

いざ即日融資でお金を借りたいというとき、不安要素が色々と出てくるかもしれません。即日融資で安心してお金を借りるためにはどうすればよいのかということについて上記では説明してきました。人によって不安要素は異なりますが、どの企業からの借り入れが安心かという点であれば、大手消費者金融や銀行系を選ぶとよいでしょう。
そのような大手企業のメリットとして、法律遵守の意識が高いといえます。また、会社のイメージを大切にし、多くの情報を公開しています。そういった面でも、利用者からの信用が高く安心して利用することができるといえます。

しかし、大手企業ならどこでもよいというわけではなく、安心して借りるためには、やはり事前の調査は欠かせません。すべての金融会社が即日融資のサービスを行なっているわけではありませんし、会社によって借り入れまでに掛かる時間も異なります。また、金利や手続きの方法そして揃える書類も違ってきます。

そして、各会社のメリット、デメリットがあります。大手消費者金融なら、審査終了までの時間が銀行系より速いという利点がありますが、銀行系での借り入れは、金利が消費者金融よりも低いという利点があります。それらを踏まえ、自分の必要に見合った会社選びをすることをおすすめします。なにより借り入れする際は、よい返済計画のもと利用したいものです。

考慮する点は少なくありませんが良い調査、良い計画こそが即日融資を安心して利用するための秘訣です。
当サイトの情報があなたのお役に少しでもなりますことを当サイト運営一同、願っております。

全国の消費者金融・カードローン・クレジットカード会社一覧

大手以外の金融業者様(中小消費者金融・信販会社など)をご紹介しています。
街金や中小消費者金融は基本的に、その地域にお住まいの方のみ利用可能となっていることが多いので必ずホームページやフリーダイヤルなどでご確認ください。

注意事項
・金融庁の登録貸金業者情報検索サービスに登録されている金融業者様のみを取り扱っています。
・掲載されている金融業者はウェブサイトのある業者様に限られています。
・医療関係者のみへの融資などあまりに専門性が高く利用者がかなり限定されるもの、住宅ローン(フラット35など)や自動車購入ローンといった代理店などで商品購入と同時に対応してもらえるもの、一般対応をしていないものは掲載していない場合があります。
・最短即日融資などそれに類似する文言がある場合は、必ず各金融業者様のホームページ上で融資条件をご確認ください。

北海道・東北エリア
北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県
関東エリア
東京都茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県神奈川県
中部エリア
新潟県山梨県長野県富山県石川県福井県岐阜県静岡県愛知県
関西エリア
大阪府三重県滋賀県京都府兵庫県奈良県和歌山県
中国・四国エリア
鳥取県島根県岡山県広島県山口県香川県愛媛県徳島県高知県
九州・沖縄エリア
福岡県| 佐賀県| 長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県
 
ページのトップへ