自営業者のカードローン利用

自営業者がカードローンを利用する場合、雇用されている方々よりも厳しく審査される傾向にあります。
雇用者は毎月固定給が支払われますが、自営業者の場合収入が一定ではないことや経営業績に波があるため、どうしても厳しくせざるを得ないのです。

特に顕著なのが収入証明書です。雇用者の場合、「給与明細書」や「所得証明書」などでも問題はありませんが、自営業者の場合、「確定申告書B」、「青色申告決算書」、「収支内訳書」などの公的な書類の提出が求められます。場合によっては確定申告書だけでは不十分なケースもあるので、必要な書類はよく調べておきましょう。

一部のケースでは営業していることが分かる資料を提出すれば、それで確認してもらえることもあります。しかし、基本的には電話での在籍確認が主流であり、固定電話が登録されていることが必須条件となります。固定電話がない事業所は信頼性という面で非常に不利になり、審査の通過が難しくなるでしょう。

何かと手続きが複雑で時間が掛かりそうにも見えますが、即日融資ができないかというとそうではありません。
プロミスやアコムなど、一部の大手消費者金融では自営業者用ローンの即日融資も可能としています。また、通常のカードローンとは違い、総量規制の対象にならないため、消費者金融でも高額融資をしてもらえる可能性があります。。
使用使途も自由なケースが多くなってきているので、事業性資金としてもプライベート用としても利用でき、利用できる幅が広がっているのは嬉しい特徴です。

ただ、消費者金融における、自営業者用ローンの最高融資限度額は実はそれほど高くはありません。
プロミスやアコムは最高300万円までしか借りられません。モビットの場合、カードローンを自営業者も利用可能としていますが、そもそもがカードローンであるため総量規制は解除されていない可能性があるのです。つまり、年収の3分の1以上の融資は見込めないということです。

金額のことを考えるなら、受理されるまでに時間は掛かりますが、銀行で資金提供してもらうほうがよいかも知れません。
金額は特に問題ではなく、使用使途の自由さと審査スピードに重きを置くなら消費者金融を選びましょう。

自営業者用ローンでも即日融資に対応している消費者金融もありますが、審査が厳しいこと、そして融資金額もさほど大きくないということを十分考慮したうえで、利用するか判断しましょう。
即日融資も可能なカードローンランキング