カードローンの返済方式メリットデメリットとその対策

MENU

カードローンの返済方式メリットデメリットとその対策

カードローンの返済方式として多くとられているのが残高スライドリボルビング方式です。
この方式は、毎月の返済額が借入残高に合わせてスライドして変わっていくという仕組みです。
この残高スライドリボルビング方式も、どの部分をスライドするかによって方式に少々違いがあります。

残高スライド元利定額リボルビング方式

残高スライド元利定額リボルビング方式というのは、カードローンで一番多いとされている返済方式です。元金と利息を合わせた毎月の支払額が、借入残高に応じて変動します。

残高スライド元金定額リボルビング方式

元金は借入残高によってスライドし、それプラス利息を支払う方式です。

残高スライド元利定額リボルビング方式

借入残高に、残高によって変動する定率をかけたものに利息をプラスして支払う方式です。

残高スライドリボルビング方式では支払額は決められた最低返済額(ミニマムペイント)を支払っていけばよい返済方式になりますので、月々の返済額が少なく、無理のない返済が出来るというメリットがあります。
また、借入残高が多いときには返済額が多く、借入残高が減っていくと返済額が少なくなっていくという特徴があります。
一見利用しやすいように見えるこの返済方式ですが、デメリットもあります。

月々無理のない返済で済む、ということは返済を続けていく上でメリットでもあるのですが、逆に言ってしまえば返済額が少ないということは元金がなかなか減らず、返済期間が長くなって利息をその分多く支払う、ということになります。
特に借入残高が減ったときに最低返済額も減っていくというのは、ただ返済期間を長引かせているだけです。

ただし、返済方式は無理なく続けていけることが一番重要でもあります。
無理をして途中で返済に行き詰まってしまうようでは困りますからね。

ですのでこのデメリットに対しては、無理なく返済を続けていきながら余裕のあるときに多めに返済をしていくようにするという積極的な返済姿勢を続けていくことで対応していけばよいのではないでしょうか。

即日融資も可能なカードローンランキング