在籍確認なしのカードローンはあるの?

MENU

在籍確認なしのカードローンはあるの?

お金は借りたいけれど勤務先への電話は困る…カードローン申し込み時に、こうした不安を抱えている方は決して少なくありません。
営業など普段からよく電話がかかってくるようなポストの人であれば気にされないかもしれませんが、自分宛の電話がかかってくることがない方は特に心配になるのではないでしょうか。

できれば在籍確認のないカードローンを利用したい、と考える方もいるでしょうが、残念ながら在籍確認のないカードローンというのはありません。

なぜ在籍確認が行われるのでしょうか?カードローンは保証人や担保なしで本人の信用をもとにお金を貸すサービスです。
申込書に勤務先や年収などといった情報を書きますが、その情報が事実であることを裏付けるものがありません。

そこで、勤務先へ電話をして本当にその人が働いているのかどうか、事実確認を行うわけです。
もし在籍確認を行わないカードローンを見つけたら、違法なカードローンではないか、と疑ったほうがよいかもしれません。

在籍確認の電話でバレない?

在籍確認は消費者金融などの業者が直接自分の勤務先に電話をかけてくるわけですが、業者名を名乗ってかけてくることはありません。
貸金業者の場合には、貸金業法で、債務者の借入に関する事実その他プライバシーに関する事項などを明らかにすることを禁止しているからです。
そのため、電話をかけるときには担当者が個人名でかけてきます。

例「鈴木(担当者)ですが、佐藤(申込者)さんはいらっしゃいますか?」

ここで、もし申込者が不在であったとしても、勤務実態が確認さえできれば在籍確認は完了です。

「申し訳ありません。佐藤はただいま外出をしております。」
「そうですか。ありがとうございました。」

そのあとは在籍確認完了の旨が申し込み者の携帯のほうに連絡が入ります。
極めて自然な流れでの電話なのでこれでバレてしまう可能性は低いですが、普段から自分宛の電話がかからない方などは不自然に思われることもあるかもしれません。

電話以外での在籍確認もある

では在籍確認が困る、という方はどうしたらいいのでしょうか。
もしも電話での在籍確認が困るというのでしたら、電話ではない方法で在籍確認をとるカードローンを選択すればよいのです。

一部の消費者金融や銀行では、在籍確認を電話ではなく書類の提出で行ってくれるところがあります。

本人確認書類などの書類と一緒にスマホで撮影してアプリなどで送れば、在籍確認は完了です。
こうしたサービスを行っているカードローンは非常に少ないですが、もしどうしても勤務先への電話確認は困る、という方は検討してみるといいでしょう。

電話連絡なしで有名なモビット

大手消費者金融で電話連絡なしとしているところはモビットが有名です。「WEB完結」を利用すれば電話連絡なしで審査してもらうことができます。ただし、そのためには2つの条件を必ず満たさなければなりません。それができないと、通常の審査方法で手続きがが行なわれ、在籍確認も電話で行なわれます。

モビットの「WEB完結」を利用するための条件は以下の通りです。
・三井住友銀行または三菱東京UFJに普通預金口座を持っている
・全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証を持っている
この2つの条件を満たしていれば必ず電話連絡されないわけではありません。個人信用情報や借入履歴、提出した情報に不備があると電話確認が行なわれることもあるので、十分注意しなくてはなりません。

「職場に電話確認をしないで欲しい」と伝えてみる

電話連絡以外の方法で在籍確認しているとはっきり明記しているところは非常に少ないですが、申込者の都合や状況などを考慮してくれることはあります。申し込みを行った後、電話で連絡して「職場に電話連絡をしないで欲しい」ことを伝えると、それ以外の方法を提示してもらえることがあります。

伝えれば必ず代替方法で対応してくれるわけではありませんが、プロミス、アイフル、アコムといった大手消費者金融は電話連絡以外の方法で対応してくれる可能性があります。会社がほぼ休みとなる土日や休日などでも融資を行なっているため、電話での確認自体が難しいケースも増えてきています。そのため、電話連絡以外の方法も一応用意されているはずです。
しかし、それでも基本は電話による在籍確認が行なわれるので、要望を伝えたからといって必ず電話以外の方法で在籍確認してもらえると期待しないようにしましょう。

電話以外での在籍確認の仕方

電話以外で在籍確認をしてもらえる場合、主に取られる方法は書類による在籍確認です。収入証明書や社会保険証など、その会社に本当に在籍していることが分かる書類の提出を求められます。
書類の提出は、写真やスキャンしたものをメールや専用のアプリなどで送ることが可能ですが、書類によっては元本が必要になることもあるので相談しているときにしっかりと聞いておきましょう。

専業主婦・主夫の場合、在籍確認はどうなる?

収入がない専業主婦・主夫の場合、配偶者の収入でお金を借りることになりますが、その場合の在籍確認はどうなるのでしょうか?

はっきり言ってしまえば在籍確認は行なわれません。本人が勤務していないので連絡する先がないからです。
では、配偶者の勤務先に在籍確認がされるてしまうのでしょうか?それもありません。専業主婦・主夫として生活できていることで配偶者には十分な収入があることの証明になります。ただ、それ以上に夫婦間でのトラブルを引き起こしてしまう可能性が高くなるため、配偶者の勤務先に連絡するということはしないのです。

しかし、電話連絡自体は必ず行なわれますが、この場合は在宅確認という形になります。とはいえ昔のように自宅の電話にかかってくるのではなく、申込者本人の携帯電話にかかってきます。簡単な質問はされますが、申し込みを行ったか、情報に間違いはないか、質問などはないかといったもので難しく考える必要はありません。

仕事をしていない専業主婦・主夫に在籍確認はありませんが、電話連絡は必ず行なわれます。というよりそれ以外の確認手段がないので、代替方法が存在しません。

「アリバイ会社」は何があっても絶対に利用してはいけない

アリバイ会社と呼ばれるものを利用して、キャッシングやカードローンに申し込むケースも少なくないようです。しかし、アリバイ会社の利用は非常に大きなリスクを伴い、メリットはほぼ皆無と言っても過言ではありません。

アリバイ会社とは、働いているように見せかけるために偽の書類の作成や電話連絡に応じる業者のことです。働いているように偽造するため、アリバイ会社の利用は犯罪になります。電話サービスは詐欺罪、書類サービスは文書偽造罪などに当たります。
ただ、申込者がアリバイ会社を利用して有罪になるケースはあまりないようです。それでも、金融会社からの信用はなくなり、個人信用情報に傷がつき、既に借り入れを行なっている場合は一括返済と契約解除、場合によっては損害金を支払うことになるなど、重いペナルティを課せられることは間違いありません。特に各金融会社独自のブラックリストにほぼ永久的に登録される可能性が高く、実質どこからも借りられない状態になってしまうでしょう。

アリバイ会社の危険性は、信用を失いペナルティを課されることだけではありません。闇金や悪徳業者などに個人情報を横流しされるというリスクも伴います。横流しされた情報を元に闇金が誘いをかけてきたり、悪徳業者からゆすられたりするなどの被害にも合いやすくなります。

アリバイ会社の利用自体考えるべきではありません。
「安心・安全・バレない」などと書いてあっても、アリバイ会社が行なうことはれっきとした犯罪であり、安心・安全な要素などどこにもなく、いつかはバレます。
絶対に利用しないでください。
即日融資も可能なカードローンランキング