低金利カードローンの選び方と注意点

お金を借りるのであれば、やはり出来れば低金利のところで借りたいものです。
カードローンの金利は各社でかなり違いがありますし、そのなかでもできるだけ低金利のところを選びたい、というのは誰もが思うことです。

しかし、金利が低い方がいいからといって、ただ低金利なところを選べばいいわけではありません。
低金利なカードローンというのはそれだけ審査が厳しいからです。

銀行カードローンのなかでも、飛び抜けて低金利なカードローンというのはいくつかあります。
しかし、そうしたカードローンの多くは所定の条件を満たしていなければ利用できない、というものも多いです。

例えば、年収○○○万円以上であること、給与振込の口座や公共料金の引き落としにその銀行を利用していること、その銀行で住宅ローンの借入をしていること、などといったものです。
そうした条件を満たしている方は利用することができますが、一般の方はその低金利カードローンは利用できないカードローンであることが多いのです。

また条件だけでなく、審査も厳しい傾向があります。
審査の厳しさと金利とには反比例の関係性があり、低金利な場合にはそれにみあった信用のある方にしか貸付できません。

そのため審査は低金利なほど慎重で厳しくなります。
つまり、低金利で魅力的なカードローンがあったとしても、それを利用できる方は限られている、というわけです。

とにかく低金利で借りたいから、と、審査に落ちてもまた低金利な銀行カードローンで何度も再チャレンジする方もいらっしゃいますが、これはカードローン審査においてはNGな行為です。

というのも、カードローンは契約をしていなくても、申し込みをしただけで信用情報に情報として記録されるのです。
ローン審査の際には必ず信用情報の照会を行います。
その際申し込みの履歴が立て続けに何件もありますと、相当お金に困って複数の会社から借りようとしている、と思われてしまいそれだけで審査に落とされてしまう、いわゆる申し込みブラックと呼ばれる状態になってしまうのです。

金利が低いところで借りたいというのは誰しも思うところではありますが、そもそも審査に通らなければ、お金を借りることができません。
一度審査に落ちてしまったら、金利には多少妥協してもう少し審査の厳しくないところで申し込みをするほうがいいでしょう。

また小額で短期間の借入なのであれば、無利息サービス期間のあるカードローンを利用するというのも一つの手です。
無利息期間が終わったあとの金利は少々高めかもしれませんが、借入期間によっては低金利のカードローンを利用するよりも利息を抑えることもできます。

即日融資も可能なカードローンランキング