ここが違う!銀行カードローンと消費者金融

お金を借りるためにカードローンを利用するとき、あなたは銀行カードローンと消費者金融、どちらを選びますか?

消費者金融にあまりいい印象を持っていないという方などは銀行カードローンのほうが安心、と選ばれるかもしれませんが、ほんとうにそれだけで選んでしまってよいのでしょうか?
銀行カードローンと消費者金融、それぞれにメリット・デメリットがあり、借入の目的によってどちらがいいかも違ってきます。
銀行カードローンと消費者金融にはどういった違いがあるのでしょうか?

適用される法律が違う

まず真っ先に言えることは、適用される法律の違いです。
同じカードローンという金融商品を取扱っているようでも、実は銀行カードローンと消費者金融では適用される法律に違いがあります。

銀行カードローンは銀行の融資になりますので銀行法、消費者金融は信販会社やクレジット会社などとともに貸金業にあたりますので貸金業法です。
ここで具体的にどういった違いがでてくるのか?といいますと、一番大きな違いは総量規制です。

総量規制は、改正貸金業法により導入された、個人の借入総額が原則年収の3分の1までに制限される、という仕組みのことです。

つまり消費者金融での借入の場合には、例えば「最高限度額800万円」と言った高額融資可能なものであっても、本人の年収が300万円だとしたら最高でも100万円までしか借りられない、ということになります。

金利が違う

銀行カードローンと消費者金融との違いで多くいわれているのが金利です。
銀行カードローンは消費者金融と比べて低金利なものが多くあります。
大きな違いは最高金利でしょうか。

消費者金融のほとんどは、最高金利が18%程度となっていますが、銀行カードローンは都市銀行系ですと14%台、ネット銀行系ですと1桁台の最高金利のところもあります。
金利だけみてしまいますと銀行カードローンに軍配が上がるというかんじではありますが、大手の消費者金融には無利息サービス期間を設けているところがあります。

はじめての利用の方など条件はありますが、30日間など一定期間無利息期間があることで、借入期間によっては低金利な銀行カードローンを利用するよりもオトクなケースもあります。

審査の早さが違う

即日融資をうたっているカードローンは消費者金融にも銀行カードローンにも多くありますが、審査の早さでみてみますとこれは消費者金融、特に大手消費者金融の圧勝でしょう。

審査時間は最短即日審査、というところがほとんどなのに対し、大手の消費者金融の審査時間は最短30分という超スピード審査です。
また審査が早いだけでなく、即日融資に対応している時間も銀行カードローンと比べて非常に長くなっています。
即日融資を希望する場合にはまず真っ先に大手消費者金融の検討をおすすめします。

審査の厳しさが違う

審査の早さや金利などいろいろと条件はありますが、とにもかくにも審査に通らないことにはお金を借りることができません。
銀行カードローンは、低金利で魅力的ではありますが低金利な分審査は慎重で厳しい傾向にあります。
審査の厳しさで言ったら断然消費者金融の方が借りやすい傾向にはあるでしょう。

即日融資も可能なカードローンランキング