プロミスvsモビット お得なのはどっち?

MENU

プロミスvsモビット お得なのはどっち?

プロミスとモビットは、どちらも三井住友銀行グループ傘下の消費者金融です。
しかし商品の特徴やメリットやデメリットには違いがあります。それぞれの特徴をよく調べてから自分にあったものを選びましょう。

基本スペックを比較

プロミス モビット
金利 4.5%~17.8% 3.0%~18.0%
限度額 1~500万円 1~800万円
即日融資 可能
(審査完了まで最短30分)
可能
インターネット申し込み受付時間 24時間対応 24時間対応
自動契約機営業時間 9:00~22:00
(店舗により異なる場合あり)
9:00~21:00
(店舗により異なる場合あり)
無利息期間の有無 あり なし

表を見ても分かるとおり、金利の低さや無利息期間など、全体的なスペックはプロミスのほうが有利です。
限度額はモビットのほうが高く設定してありますが、総量規制があるため大きなメリットにはならないでしょう。
また、ここでの大きな違いは無利息期間の有無です。モビットは無利息期間サービスを提供していません。利息を下げたい方には取ってはマイナス要素に映るかもしれませんが、モビットには他の消費者金融にはない独自のサービスがあります。

「Web完結」を比較

プロミスもモビットも「Web完結」というサービスを提供していますが、その内容は少々異なります。

プロミスのWeb完結は、郵送物が一切なく、申し込みから融資までオンライン上で行なわれます。
この郵送物は、必要書類の提出、契約書類の郵送がされないだけでなく、カードの郵送も行なわれません。つまり、融資は銀行振込でのみ行なわれるのです。
ただカードが必要になった場合は会員ログインからカードの発行手続きが行えます。

モビットのWeb完結は、郵送物がないだけでなく電話連絡がないという大きな特徴があります。
利用には、
・三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っている
・社会保険証、もしくは組合保険証を持っている
という二つの条件を満たしていなければなりません。
誰でも利用できるわけではありませんが、家族や会社にバレるリスクを少しでも減らしたいという方には、非常に大きなメリットと言えます。
また、電話連絡なしのサービスを提供しているのは、現時点(2017年2月現在)でモビットだけです。

返済方法を比較

プロミスは「残高スライド元利定額返済方式」
モビットは「借入後残高スライド元利定額返済方式」
という返済方式を採用しています。
どちらも借入残高に応じて最少返済金額が変動しますが、プロミスの場合一定の金額で適用される割合が変化するものの、モビットにはそれがありません。そのため、全体的に見てプロミスのほうが返済金額は低く、返済しやすくなっています。

返済方法は、口座振替、ATM返済、銀行振込など大体は共通していますが、モビットは提携ATMしかないため利用手数料が必ず発生してしまうというデメリットがあります。
そのかわりATM返済か銀行振込での返済は、前回の約定返済期日の翌日からであれば、いつ返済しても繰上げ返済という扱いになります。うまく返済できれば利息負担を軽減することが可能です。

商品・サービスを比較

プロミスは、おまとめローンや事業者ローンと言った商品面でも豊富で、それなりのニーズに対応できます。
モビットの場合商品はカードローン1つしかありませんが、シンプルで分かりやすいのでどれにしようかと悩むことはないでしょう。

しかし、無利息期間やポイントサービス、条件次第で海外でも利用可能など、サービスの豊富さでいえばプロミスに軍配が上がります。

総評

金利やサービスなど、全体的に見てもプロミスを利用したほうがメリットは多いでしょう。
それでもモビットは、「顧客満足度No.1」という実績を持っており、条件付きとはいえ電話連絡なしで審査してもらえることは、誰にもバレずに借りたいと思っている方には大きな魅力となります。

審査時に誰にもバレないようにすることを重視するか、利用時のサービスを重視するかがポイントになるかもしれません。

即日融資も可能なカードローンランキング