プロミスvsアコム 即日融資、審査スピードも文句なし! 決め手はサービスか?

MENU

プロミスvsアコム 即日融資、審査スピードも文句なし! 決め手はサービスか?

大手消費者金融であるプロミスとアコム。どちらも即日融資に対応しており、サービスも充実しています。そのため、どちらを選ぼうか迷っている方も多いのではないでしょうか?
ここではプロミスとアコムのサービスや特徴を比較しています。自分に合ったものを選べるように、参考にしてみてください。

基本スペックを比較

プロミス アコム
金利 4.5%~17.8% 3.0%~18.0%
限度額 1~500万円 1~800万円
即日融資 可能
(審査完了まで最短30分)
可能
(審査完了まで最短30分)
インターネット申し込み受付時間 24時間対応 24時間対応
自動契約機営業時間 9:00~22:00
(店舗により異なる場合あり)
8:00~22:00
(店舗により異なる場合あり)

どちらも即日融資に対応しているので、当日中にお金を借りる分には特に問題はないでしょう。どちらもインターネットなら24時間申し込みめますし、自動契約機と併用すれば22時までならカードが受け取れます。
自動契約機の営業時間はアコムの方が1時間早く営業しているので、その点では有利といえます。

金利面ではプロミスのほうが有利です。初回の借り入れは大体50万円以下で設定されることが多く、適用されるのはほとんどの場合、最高金利になります。アコムとの差は0.2%ですが、それでも低いに越したことはないでしょう。

最高融資額はアコムのほうが高いですが、プロミスもアコムも総量規制の対象です。上限がいくら高くても年収の3分の1以上は借りられないことを考えると、どちらを選んでもほとんど影響しないでしょう。

無利息期間を比較

プロミスが30日間無利息期間、アコムは30日間金利0円。
名前は違えど、どちらも無利息期間を提供しているので、短期間の利用であれば特に差はありません。ただし利用するための条件と、適用され始める期間に違いがあります。

プロミスの30日間無利息サービスは
・初めてプロミスを利用する
・EメールアドレスとWeb明細利用に登録する
ことが条件となっています。
基本的には一度しか利用できませんが、ポイントサービスを利用することで消費するポイントに応じて再度無利息期間を利用することが可能になります。

アコムの30日間金利0円は
・初めてアコムを利用する
・返済期日を「35日ごと」に設定している
ことが必要になります。
返済期日を35日ごとにしなければならないので返済方法の幅が狭まります。また、プロミスのように再度利用することができません。

それだけでなく、適用が開始される条件にも違いがあります。
プロミスは借入した翌日から、アコムは契約した翌日から無利息期間が適用されます。つまり、アコムの場合だと契約してすぐに利用し始めないと、適用される期間が短くなってしまうのです。プロミスであれば、初回借入が行なわれない限り無利息期間が無駄に消費しゃれるようなことはありません。
ある程度自分のタイミングで適用させられるプロミスのほうが使い勝手と言う面では非常に有利でしょう。

返済方法を比較

プロミスは「残高スライド元利定額返済方式」
アコムは「定率リボルビング方式」
という返済方式を採用していますが、実は名前が違うだけで計算式は同じです。ただ、借入残高に対応する割合が違うので、最少返済金額には差があります。
それぞれのホームページ上に記載されているそれぞれの割合の最高数値は、プロミスが3.61%、アコムは4.2%以上となっているので、返済金額はプロミスのほうが少なくて済みます。

返済方法はどちらも口座振替やATM返済などに対応していますが、利用できる銀行口座に違いがあるので、それにさえ気をつけていれば問題はありません。
ただ、プロミスであればポイントサービスを利用すれば、提携ATMの利用手数料が無料になるなどお得なサービスがついています。

余分な支払いを抑える手段がある程度そろっていることを考えると、プロミスのほうが魅力と言えます。

借金の一本化を比較

プロミスはおまとめローン、アコムは借り換えローンという名前で提供しています。どちらも、賃金業法に則った一本化ローンであるため、総量規制の対象外となります。ただし、どちらのローンも最高300万円までしか融資してもらえないので、人によっては少々使いづらい可能性があります。
金利はプロミスのほうが低く設定されているので、できるだけプロミスでまとめたほうが良いでしょう。

女性向けローンを比較

プロミスもアコムも女性向けローンはありませんが、女性専用ダイヤルを用意して、カードローンの申し込み・利用に不安を持つ女性のサポートを行なっています。
カードローンのスペック、申し込みや利用条件などは通常のものと変わりありません。担当してくれるオペレーターは全て女性なので、相談しやすい環境となっています。

女性専用ダイヤルに関して、大きな差異などは存在していないのでどちらを選んでも問題ないでしょう。

海外でも利用できるかを比較

ローンカードを海外で利用することはできませんが、引き出した現金を両替して海外で利用することはどの消費者金融でも可能です

ですがプロミスの場合、擬似的にとはいえカードローンで得たお金をカードの形で利用することができます。
準備として三井住友VISAプリペイドカードを手に入れる必要がありますが、プロミス契約時あるいは会員サービスからカード発行の申し込みを行うことができるので、すぐに手に入れられます。
手に入れたカードは、預金やカードローンからお金をチャージすればクレジットカードの要領でオンラインやショッピングに利用できます。ただ、クレジットカードと違うのはチャージした分だけしか利用できない点です。使いすぎが防止でき、悪用されたとしてもカードのチャージされている分だけで済むという利点があります。
また、無利息期間中に使えば利息も発生しないなどメリットもあります。

アコムもクレジットカードを発行していますが、カードローンとはもちろん別物ですし、プロミスのような特徴もありません。

総評

無利息期間が適用される間だけ利用するのであれば、どちらを選んでも条件は同じです。
しかし長期利用や海外などでの利用などを考えている場合は、金利の低さやサービスの豊富さから見てもプロミスのほうがメリットは多いでしょう。

即日融資も可能なカードローンランキング