アコムvsモビット お得なのはどっち?

MENU

アコムvsモビット お得なのはどっち?

ここでは、アコムとモビットの特徴の違いを見て行きます。
それぞれのメリットとデメリットを比較して、使いやすいと思う消費者金融を選んでください。

基本スペックを比較

アコム モビット
金利 3.0%~18.0 3.0%~18.0
限度額 1~800万円 1~800万円
即日融資 可能
(審査完了まで最短30分)
可能
(審査完了まで最短30分)
インターネット申し込み受付時間 24時間対応 24時間対応
自動契約機営業時間 8:00~22:00
(店舗により異なる場合あり)
9:00~21:00
(店舗により異なる場合あり)
無利息期間の有無 あり なし

金利と限度額はどちらも同じなので、ここで悩むことはないでしょう。
自動契約機の営業時間はアコムの方が長いので、多少余裕をもってカードを取りに行くことができます。
ここで一番問題になるのが無利息期間サービスです。モビットにはこのサービスがないので、利用中のメリットは薄いように感じてしまうかもしれません。しかし、モビットのメリットはむしろ審査時にあります。

審査時のメリットを比較

アコムもモビットも即日融資に対応しているので、審査スピードなどは問題ありません。

審査時のサービスを考えた場合、Web完結があるモビットに軍配が上がります。条件付きとはいえ、郵送や電話連絡がない審査方法を提供しているのはモビットだけです。
アコムも自動契約機を利用すれば、契約書やカードの郵送はありませんが、電話連絡は必ず行なわれます。
周りに知られたくないと思っている方にとっては、モビットのWeb完結は非常にありがたいサービスであるといえるでしょう。

返済方法を比較

アコムは「定率リボルビング方式」
モビットは「借入後残高スライド元利定額返済方式」
と名前こそ違うものの、借入残高で最少返済金額が変動する同じタイプの返済方式です。ただ、アコムは借入残高の金額に応じて適用される割合が変動しますが、モビットは割合が設定されておらず、10万円(100万円以上は20万円単位)で固定されています。
アコムでは残高に応じて細かく変動するので最少返済金額が少なくて済む場合があります。逆にモビットは固定されている分、返済の計算がしやすいという利点があります。

モビットには自社ATMがないので、ATM利用手数料が必ずかかってしまうという点ではデメリットになります。
しかし自動引落としを利用すれば、手数料や返済のし忘れといった問題は回避できます。

アコムは手数料無料で利用できる自社ATMやインターネット返済も用意されており、全体的な返済のしやすさはモビットよりも上です。

商品・サービスを比較

クレジットカード、ビジネスサポートローン、借り換えローンといった商品の豊富さや30日金利0円などといったサービスを比較すると、アコムのほうが利便性が高いと言えます。
モビットはカードローンしかない非常にシンプルな消費者金融で、目立ったサービスもWeb完結くらいです。ただ、モビットの基準を満たしていれば自営業者でも利用可能なので、使用使途はほぼ自由といえます。

また、アコムには女性専用ダイヤルが用意されており、始めての利用で少し不安だという女性にも対応しています。

総評

自社ATMや無利息期間があるアコムのほうが、ATM利用手数料や利息を減らせるという意味ではお得ですし、女性専用ダイヤルや複数の商品など、さまざまな人のニーズにあわせたサービスがあるのも大きな魅力といえます。

対してモビットは、郵送と電話連絡がなく、インターネットとメールだけで申し込みから融資まで可能なWeb完結があります。
周りに知られたくない、申し込み手順をできるだけ減らしたい方はモビットを選ぶと良いでしょう。

即日融資も可能なカードローンランキング