しっかりとした返済計画の立て方―既に利用している場合

MENU

しっかりとした返済計画の立て方―利用者編

既にカードローンを利用している場合でも、返済計画を立てていないのであれば自分の状況を見直して計画を立てておくと良いでしょう。また、可能であれば一定期間ごとに計画の見直しなどを行なっておくと、急なトラブルにも対処しやすくなります。
即日融資だけに限らず、増枠したり、借金の一本化をしたりする場合も必ず計画を立て直すようにしましょう。

現在の借金を全て調べる

利用している会社が一箇所でも複数でも、現在利用している借金は全て把握しましょう。長期で利用していると、返済日が来た順に返済している状態になりやすく、効果的に返せていないことが多くなります。加えて、口座振替などを利用していると残高を把握しにくく、お金を借りている感覚が薄れやすいので、気がついたらかなりの負債を抱えていたということも起こります。<.p>

どの会社からどれくらいの金利でいくら借りているか、設定されている返済期限や月々の返済金額などを目に見える形でリストアップすると、残金や返済の優先度が分かりやすくなります。
例えば、少し頑張れば一括返済できるものがあるなら、それを完済してしまえば負担がひとつ減り、他の返済に回せるお金を増やすことができます。

キャッシングやカードローンだけが借金ではありません。借りるという意識は薄いかもしれませんが、住宅ローンや自動車ローン、クレジットカードも借金のカテゴリーに入ります。自分では支払えない金額を、銀行や信販会社などが一時的に立て替え、それを支払っているからです。
さらに、商品を分割払いで購入した場合も借金になります。これも購入した店と提携している信販会社が一時的に立て替えているからです。

複数の借金を抱えているなら、全て調べ上げてリストを作り、状況を把握しましょう。

収入と支出を調べて無駄を省く

収入と支出の増減は返済にも影響するので、普段から気をつけておくと良いでしょう。
収入が減ったときに返済計画を見直すことが多いかもしれませんが、増えたときのほうが気持ちが大きくなり、ちょっと贅沢しても大丈夫だろうと、油断しやすくなります。それが積み重なって出費が増えてしまう可能性も決して低くはありません。

家計簿をつけているとお金の使い方がはっきりするので確認しやすくなります。
今まで家計簿をつけていなかった場合は、数カ月ほど記録を付けていきましょう。支払い、購入したもの、税金など使ったお金はどれほど小さくても全て書いていきます。こうすることで、収入と支出を正確に把握することができます。

家計簿を付けていくと、無駄な出費に気付きやすくなります。特定の物にお金を使いすぎているなら購入を控えたり、光熱費や電話代を抑えるために今よりも安いところに切り替えてみたりすることも可能です。そういった出費を抑えることで経済的に余裕を持たせ、少し多めに返済しつつ、生活も圧迫しないようにすることができます。

完済期限をしっかり定める

それぞれの金額の残高にもよりますが、完済までの期限を明確に設定しなおすのも大事です。
各金融会社では最長返済期間や返済回数が設定されており、場合によっては借入金額で返済期間が細かく設定されていることもあります。その期限ギリギリの返済金額を設定することも可能ではありますが、まとめた情報を使って、無理がでないようにしつつできるだけ早く完済できるように設定したほうが良いでしょう。

早めに完済したほうが良い理由としては、利用していることで発生する利息を減らして返済総額を抑えるためです。長期利用していると余分な利息を支払うことになります。
ただ、生活を圧迫してしまうほどの金額は現実的ではありません。現在の返済額が生活を圧迫しているなら、期限を長めに設けて月々の返済額を減らすなど状況に合わせてうまく設定しましょう。

現状での返済が難しい場合

返済の見直しや計画を立て直してみても苦しいと感じる場合は、おまとめローンや借り換えローンなどの利用も検討してみましょう。借金をいくつかあるいは全てまとめて対応しなければならない借金を減らすことができれば、管理が楽になり、金利も引き下げられるかもしれません。
それでも対処できない場合は、債務整理なども考えてみましょう。

一度計画を立てたから大丈夫と思うのではなく、一定期間ごとや状況に変化があったら返済計画を見直し、状況にあった計画を立て直しましょう。
即日融資も可能なカードローンランキング