急いでいるときの返済方法の選び方

キャッシングやカードローンを利用するときは、できるだけ返済計画を立てて無理なく返してけるかを考えておくべきです。しかし、即日融資を望んでいる方は、急を要する事態に精神的な余裕がなく、返済のことが二の次になってしまうこともあるかもしれません。急いでいるときこそ冷静になるべきですが、あまり時間を掛けられない場合もあります。
そのような場合でも、最低限確認しておくべき重要なポイントがあります。

管理しやすい方法を選ぶ

じっくり考える時間がないなら、とりあえず管理しやすい返済方法を選んでおきましょう。返済計画自体はきちんとできていなくても、管理しやすい、言い換えれば返済の延滞を起こす確率が低い方法を選んでおけば、返済トラブルを防ぐことができます。
トラブルを起こしてしまうとさまざまなリスクやデメリットがあり、借り入れの運用、新規借入やローンを組むときの障害になります。できるだけそういった状態に陥らないために、どんな返済方法を選べばよいのでしょうか?

口座振替を選んでおくとミスが少ない

即日融資を希望している方は、利用する金融会社の返済方法に口座振替があるかを確認してください。口座振替は管理も比較的楽に行なえ、返済日になれば自動的に返済金が引き落とされなす。口座の残金に気をつけてさえいれば、返済の延滞が起こることはまずありません。そのため、返済計画などをゆっくり考える時間がないときはとりあえず口座振替を選んでおけば、トラブルを回避しやすくなります。その後、時間ができたときに改めてどう返済していくかを考えると良いでしょう。

少額の借り入れならATMで一括返済する

借入金額が少額であるなら、次の返済日までに一括返済してしまうのも1つの方法です。口座振替だと最少返済金額が設定されてしまうことがあり、すぐに返せるはずの金額でも時間をかけて払うことになりかねません。ダラダラと払い続けて余計な利息が発生し、無駄な出費が増えてしまいます。そうならないために、一括返済できそうな金額を借りた場合は、自由に返済ができる自社ATMなどを利用したほうがお得になります。

返済期日の設定を考える

返済のしやすさは返済期日の設定にも左右されます。例えば、給料日前に設定してしまうと、返済分のお金が確保しにくくなりますが、給料日の翌日に設定しておけば余裕を持って返済できます。また返済期日は、返済日を設定するだけのことではありません。
返済期日は、金融会社によってタイプが複数ある場合があります。大きく分けると、返済日が固定されるものと返済した日から35日ごとなど変動するタイプがあります。どちらにも短所と長保があるので、きちんと把握しておかないと返済トラブルにつながることがあります。
それぞれの特徴を見てみましょう。

返済日が固定されているタイプ

一般的に返済は、自分が返済しやすい日にちを決めて毎月その日に返済していきます。日程が固定されるので、どんな返済方法を利用しても管理がしやすく、返済計画を考えるときも残高の推移が簡単に計算できます。
返済日から一定の期間--約14日以内に返済すると繰上返済という扱いになり利息負担を軽減することもできます。(それ以前に返済すると追加返済となり返済日にまた支払う必要があります。)

返済日が変動するタイプ

返済日が変動するタイプの返済期日は、初回は借り入れをしてから、その後は返済した日を基準に35日ごとなどの返済期間が設けられます。いつ支払っても正式な返済として扱われるため、早めに返済すればするほど利息が少なくて済むのでお得になります。
しかし、このタイプの問題は、返済日が変わってしまうために返済日が分からなくなってしまうことと返済計画が立てにくいということです。また、返済日が固定でないため口座振替は利用できないというデメリットもあります。
自由に返済でき、利息を抑えやすいというメリットはあるもの、管理をしっかり行なうことが求められます。

手数料がかからないか確認する

返済方法によっては手数料がかかる場合があります。インターネットバンキングや口座振替を利用する場合は気にする必要はありませんが、一部の提携ATMや銀行振込では少額ながらも手数料が必要になります。できるだけ余分な出費を減らすためにも、手数料が発生しない、キャンペーンやサービスなどで手数料をなくせるかを確認しておきましょう。

即日融資も可能なカードローンランキング