即日融資を成功させる!|土日でも即日融資できるカードローンは?

土日の即日融資はなぜ難しいのか?

お金が急に必要となるのは、何も平日に限ったことではありません。
むしろ、週末のほうが飲み会や旅行などお金を使う予定が組まれていることが多いのではないでしょうか。
しかし、土日に急にお金が必要になったとしても、その日のうちにお金を借りるのは平日よりも難しいのです。

 

なぜ土日の即日融資は難しいのか?
それは、金融機関が基本的に土日は休みだからです。

 

カードローンの即日融資の方法の多くは振込による融資になります。
振込業務は銀行の営業時間内に行われ、時間外となった場合には翌営業日の取扱となります。
そのため、銀行がお休みの土日に即日融資を希望しても、休み明けの振込になってしまうケースが多いのです。

 

しかし、なかには土日の即日融資が可能なカードローンもあります。
重要なのは、数多くある即日融資カードローンのなかで、「土日でも即日融資が可能」なカードローンを選ぶことです。
それ以外を選んでしまいますと、即日融資に失敗してしまいます。

 

土日の即日融資が可能なカードローンの条件とは

では、土日の即日融資が可能なカードローンというのはどういったカードローンなのでしょうか?
それは、土日でも審査・融資可能な方法があるカードローンです。

 

土日でも審査が可能

最近ではインターネットでの申込が主流となっており、24時間365日申込が可能となっています。
しかし、申込が可能であっても、審査も可能というわけではありません
土日の即日融資を考えるのであれば、土日でも審査を行っているのかどうか、審査時間を確認しましょう。

 

自動契約機での即日カード発行が可能

振込融資以外の即日融資方法としてあげられるのが、ローンカードによるキャッシングです。
ローンカードは郵送での手配が多いですが、郵送になりますと手元に届くまでにどうしても数日かかってしまいます。

 

ですが大手の消費者金融では、このローンカードを自動契約機でその場で発行することができるのです。
自動契約機の台数は各社で違いがありますが、例えば大手のプロミスでしたら全国に1,000台を超える台数が設置されています。

 

自動契約機の営業時間も各社で違いがありますが、長いところでは22時まで、土日祝日も営業しています。
ネットで申込後に自動契約機に足を運んでローンカードの発行をすることも可能です。
ローンカードがあれば、提携のコンビニATMから24時間いつでもキャッシングすることができます。

 

時間外の振込融資が可能

振込融資というのは基本的に銀行の営業時間内に行われるものですが、提携している銀行であればこの振込融資の時間が24時間可能になるというサービスを行っているところもあります。
こうしたサービスを行っているところはそう多くないのですが、該当する銀行口座を持っているという方はそのカードローンを利用することでより振込融資が受けやすくなります。

 

土日の在籍確認は可能?

土日の即日融資において、意外とネックとなるのが『在籍確認』です。
在籍確認は審査において、申込書に入力したとおりの勤務先にほんとうに在籍しているのか、事実確認を行う重要な項目です。

 

きちんと在籍しているということは、申込書通りの返済能力があるということ、虚偽の内容ではなく信用性があるということなどの裏付けとなります。
そのため、在籍確認は必ず行われるのです。

 

在籍確認は基本的に勤務先へ電話をかけて行われるのですが、この際、勤務先が土日休みで電話をかけても誰も出ない場合、在籍確認がとれないということになります。
そうなりますと審査が完了しませんので、在籍確認が取れ次第の融資、つまり休み明けの融資ということになってしまいます。

 

では土日に勤務先が休みという方の場合にはどうしたら即日融資ができるのか?
これは公式には載っていない情報なのですが、プロミスなど一部の消費者金融では在籍確認を電話ではなく給与明細書など書類の提出で行っているといいます。

 

公式サイトには載っていませんので可能かどうかは審査結果次第かもしれませんが、土日の即日融資で在籍確認に困っているという方は相談してみる価値はあるかもしれません。

 

忘れてはいけないのが必要書類

申込の際忘れてはいけないのが必要書類です。
必要書類が揃えられなければ、即日融資を受けられませんからね。
基本的にカードローンで必要となる書類といえば、本人確認書類です。

 

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書 など

基本的には本人確認書類があれば借りられるカードローンが多いのですが、借入する金額によっては収入証明書類の提出が必要な場合があります。
消費者金融のカードローンの場合、収入証明書の提出については総量規制によって50万円以上の借入の場合もしくは複数社で100万円を超える借入の場合に必要と定められています。

 

  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 税額通知書
  • 納税証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書(直近2ヶ月分や1年分の賞与明細など、提出の範囲は各社で異なる) など

本人確認書類と比べ、収入証明書類は用意が面倒なものが多いです。
即日融資の場合に注意したいのはこの収入証明書類が用意できるかどうか?という点です。

 

自宅で申込をするのであれば、探せば源泉徴収票はどこかにあるはず…という方もいらっしゃるでしょうが、もし職場など外出先で申込をすることになった場合、収入証明書類はすぐに用意できるものではないものばかりです。
そのため、そうしたケースで即日融資を受けたいのであれば、収入証明書類を提出しないでも借りられる額にする、あるいは収入証明書類の提出が必要ないカードローンにするという必要があります。

 

前述の通り、消費者金融のカードローンの場合には総量規制によって法的に収入証明書類の提出についての条件が決まってしまっています。
しかし、総量規制対象外の銀行カードローンでしたら、収入証明書類の提出は法で定められていません

 

もちろん、ある程度の額の借入となれば提出も必要となるのですが、その設定は100万円から、200万円からというように各社で決められており、消費者金融の設定額と比べて高いので提出せずに借りられるケースがほとんどとなります。

 

ただし、銀行カードローン利用の際にはその銀行カードローンが土日対応なのか?という点には気をつけなくてはなりません。

 

土日でも即日融資の可能性が高いカードローンはこれ!

プロミス

プロミスは土日に即日融資を受けたいという方に最もおすすめできるカードローンです。

 

  • 全国1,000台を超える自動契約機にて即日カード発行が可能
  • 三井住友銀行またはジャパンネット銀行に口座を持っている場合には24時間最短10秒で振込が完了する「瞬フリ」と呼ばれるサービスがある
  • 在籍確認を電話連絡ではなく書類の提出で認めてくれる場合がある(公式情報ではないので詳しくはプロミスにお問い合わせください)

 

アコム

土日祝日でも即日融資を受けられる可能性が高いカードローンです。

 

  • 全国1,000台を超える無人機にて即日カード発行が可能
  • 楽天銀行口座があれば24時間最短1分で振込が完了